「未来講座を1年間やってきましたが、その内容についてのコメントと10月のテーマである「龍ケ崎の見えない資源と起業のついて」説明をしました。市民協働でまちづくりをすることについて、市役所の中も市民もその必要性に気が付いていないので、市民協働委員会でWGを設置することや道の駅計画の進め方について、できあがったあとの利用の楽しみを求めるのでなく、創る(作る)ことに参加する楽しみなどを提唱しました。」

過去の映像庫(蛙蛙ライフログ)

↑このページのトップヘ